【DREAM BEERで飲めるビール】上品な香りにすっきりとした味わいが特徴の『鎌倉ビール 月』

こんにちは!DREAM BEERです。

来春サービス開始予定のDREAM BEERは多彩なビールを楽しむための会員制ビール配送サービスです。本Blogでは定期的に、DREAM BEERで提供予定のビールを紹介していきます。

第二十一回で紹介するのは、神奈川県鎌倉市で造られる『鎌倉ビール 月』。美しい赤褐色の液色で、落ち着いた上品な香り、苦味・旨み・コクのバランスが整ったビールです。

歴史あるまち・鎌倉で生まれ、鎌倉で育ったクラフトビール

「鎌倉ビール」を造る鎌倉ビール醸造株式会社の設立は1997年。今村酒店を営んでいた先代の社長が“鎌倉をたのしめる共通のアイテム”として「地元のビール」をつくろうと設立しました。

名越トンネルの手前にブルワリーを建設し、1998年に醸造を開始。それ以降、地元の飲食店や酒販店、鎌倉ビールを飲んだ方から感想や意見を聞きながら、オリジナルのフレーバーをつくりあげてきました。

鎌倉ビールは、鎌倉に訪れる様々な方に飲んでもらいたいと、飲みやすく、バランスの取れたクラフトビール造りを大事にしています。

コンセプトには「料理に合うスタイルのビール」を掲げ、素材を活かした料理とともに楽しめるよう味わいを設計。料理とのバランスを取るため、厳選したホップの香りを活かし、モルト(麦芽)の味わいを出しつつ、少しドライにして飲みやすく仕上げています。

また、クラフトビールの楽しさを伝えたいと、定番ビールとは異なる酵母を使うビールや挑戦的に新しいホップを使うビールなど、月に1回、限定ビールを造っています。

定番ラインナップの特徴は以下の通り。

  • 『鎌倉ビール 月』(アルト):DREAM BEER提供予定のビール。ビールの色は明るめの褐色。すっきりとした味わい、落ち着いた上品な香り、苦味を抑えた端正な味が特徴。
  • 『鎌倉ビール 星』(ペールエール):DREAM BEER提供予定のビール。ビールの色は淡い黄金色。柑橘系のホップの香りと、ほのかな苦味を残したマイルドな喉ごしが印象的。
  • 『鎌倉ビール 花』(ブラウン):ビールの色は深い褐色。モルトの甘味と香ばしさが活きた芳醇な味わいで、華やかさと強さを併せ持った個性的なビール。
  • 『葉山ビール』(ビター):ビールの色は明るい黄金色。モルトの旨みがしっかり味わえ、きりっとした苦味があと味を引き締める。軽快なのにしっかり味。飲み応え十分のビール。
  • 『江の島ビール』(アメリカンスタイルペールエール):2019年8月にリニューアル。ビールの色は赤みがかった黄色。グレープフルーツ、シトラスの香りが特徴のアロマホップを使用。コクのある柔らかい甘味と爽やかな苦味が調和し、とても飲みやすい爽快感のあるビール。

その他にコンセプトビールとして『鎌倉 大佛麦酒 ~縁~』があります。また、限定ビールとして、年末年始用の『ピルスナー』、ベルジャン酵母を使った『ダブル』『ストロングエール』『ブロンド』、ドイツの伝統的なビール『メルツェン』や『ヘレス』などを提供。

DREAM BEERで楽しめるビール『鎌倉ビール 月』

『鎌倉ビール 月』は、設立当初から醸造している鎌倉ビールのフラッグシップビールです。すっきりとした味わいのアルトタイプで、上面発酵酵母の落ち着いた上品な香り、色は美しい赤褐色、苦味・旨み・コクのバランスが整った端正な味わいのビールです。

“初夏の鎌倉”をイメージしたという『鎌倉ビール 月』には、イメージストーリーがあります。『鎌倉ビール 月』以外の定番ビールのストーリーとともに、ホームページやボトルラベルに紹介されていますので、興味を持たれた方はぜひご覧ください。

ちなみに、アルトタイプの「アルト」は”alt”と書き、ドイツ語で「古い」という意味があります。これは下面発酵よりも上面発酵が古い発酵方式であることが由来。アルトは上面発酵酵母で発酵させ、低い温度で熟成させるドイツ発祥のビアスタイルです。

【おすすめの楽しみ方】
チューリップ型の脚付きグラスがおすすめです。ビールが冷えすぎていると香りが感じにくいことがありますので、冷えたビールを常温のグラスに注いでください。すると、程よい温度で楽しめます。あえて泡を立てるように注ぐ必要はありませんが、自然に泡が立つように注いでみてください。ビールと泡の比率の目安は7対3から8対2。いろいろな注ぎ方を試してみて、お好みの注ぎ方を追求してみてください。

豆腐料理や野菜主体の和食、ホワイトソースを使った料理などと相性抜群です。モッツァレラ、カッテージなど淡白なチーズのお供にも。

【その他データ】
ビアスタイル:アルト
原材料:麦芽、ホップ
アルコール度数:6.0%
IBU:20

造るのはこの人!ブルワーインタビュー

左から、専務取締役 今村広太郎さん、ブルワー 後藤那穂子さん、ブルワー 澤田直人さん

今回は澤田直人(さわだなおと)さんにお話を伺いました。澤田さんは専門学校の醸造発酵コースを卒業し、インターンでワインを、卒業後は日本酒造りに携わっていました。ある日、勇気を振り絞って入ったビアバーでクラフトビールの世界にすっかりはまってしまったという澤田さん。ビールを好きになった時の思いを自分の造ったビールで伝えたいと、6年前に鎌倉ビール醸造株式会社に入社しました。

今回ご紹介する『鎌倉ビール 月』は、ドイツ発祥のビアスタイル「アルト」をベースにしたビールです。せっかくアルトタイプを造っているならば、現地でアルトがどのように楽しまれているかを知りたいと、2年前に有給休暇を取ってドイツへ行ってしまった澤田さん。ドイツではアルトだけでなく、様々なドイツビールを体験してきたそうです。その体験を元に、定番ビール『鎌倉ビール 月』を造り、限定ビールとして『ヘレス』や『メルツェン』も醸造しました。

ビール造りのおもしろさは?
ホップ、モルト、酵母の組み合わせだけで、さまざまなビールを造り出せることです。また 組み合わせによって原料由来の香りが変わることもあるので日々勉強でおもしろいところです。

ビール造りの難しさ、大変さは?
他の醸造酒に比べてアルコール度数が低く、繊細なことです。劣化臭が目立ちやすいことが一番の課題です。酵母の状態によって仕込む日を決めるので、休みは酵母次第なところが大変です。

ビール造りで大切にしていることは?
ビール造りに関わる全てを大切に考えています。ホップ、モルト、酵母のどれかだけが主張しすぎないように、バランスの良いビールを造ることを目指しています。

DREAM BEERで提供予定の『鎌倉ビール 月』は、グラスに注ぐときれいな赤褐色で、目でも楽しめるビールです。上品な香り、麦芽の味わい、ホップの苦味。絶妙なバランスが取られています。注ぎ方を工夫しながら、ぜひお食事とともに楽しんでください!

【醸造所情報】
醸造所名:鎌倉ビール(鎌倉ビール醸造株式会社)
所在地:神奈川県鎌倉市大町5-9-29
公式HP