新着のビール

おすすめのブルワリー

島根県の異業種の社長グループが始めた「松江ビアへるん」は、松江城から徒歩10分ほどの場所にある松江堀川地ビール館内の一角で1999年に醸造を開始。英語教師で文豪の小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が地元で愛されていたことにちなみ、呼称「へるん先生」が名前の由来です。世界の伝統的なビール製法をもとに、北山山系の湧水を使用し、日本の風土や日本人の繊細な味覚に合わせた新しい味わいのビールを造っています。

ブリマー・ブルーイングは、一人一人のお客様とのつながりを大切にし、心の和む、家族のような身近な存在でありたいという想いがあります。日常のさまざまなシーンにおいて、ブリマー・ブルーイングのビールを楽しんでいただきたい。仕事終わりの一杯、お祝いごと、友人とのパーティー、などなど。一杯一杯に込められたビール職人の想いが皆様の一日を少しでも楽しく、より良い日にできるようなビールづくりを目指しています。

オラホビールは、1996年に町おこしの一環として、東御市の八ヶ岳や北アルプスの山々に囲まれた景観の良い高台に誕生した。“おらほ”とは、この土地の方言で“わたし達”“私たちの地域”といった意味です。20年以上に渡り、アメリカンスタイルのビールを中心に醸造し、2010年にはホップ栽培にも取り組むなど、独自のビールを追及しています。2020年には醸造設備を増設し新たなチャレンジをしています。